Nakahara Laboratory 中原研究室

Data Mining for Business Applications | 中原研究室の研究内容と各種活動内容の紹介

2024/05/10のゼミナール

2024.05.13

ゼミナール

本日は公開ゼミナールで、多くの2年生に見学に来ていただきました。そんな中、四年生のプレゼンターである塩谷くんは、動画が再生できないトラブルもうまく乗り越え、堂々とした発表を行うことができていました。発表を通じて、ご自身の成長も示せたと思います。次回の4年生の発表も楽しみにしています。

2024/04/26のゼミナール

2024.04.28

ゼミナール

プレゼンテーション

2回目はVtuber、3回目は就職活動についてのプレゼンテーションをしてもらいました。

自分の経験に基づく話は、説得力があり、聞き手も感化されている様子がわかりました。

プレゼンテーションの目的は、聞き手に情報を伝えるだけではなく、聞き手の行動に繋げることです。

2つの発表は、その点を意識した内容になっており、大学での学びや、自己理解につながるとても良い内容でした。

2024年度のゼミスタート

2024.04.26

ゼミナール

前期は3,4年生合同のゼミナールです。

最初に春休み中の気づきを全員で共有しました。

前期は、4年生の担当学生1名が、毎回の授業で3年生に向けたプレゼンテーションを行います。

これまで学んだことをしっかり3年生に伝えてもらいたいと思っています。

新たな学年が始まりますね!今を大切にして学んでいきましょう。

 

産学連携マーケティングリサーチ・コンテストで3位

2024.02.20

ゼミナール

3年ゼミ生の菊間涼太、田中菜穂、豊田真央、高林克光(敬称略)のチームが、株式会社マクロミル主催の第3回「産学連携マーケティングリサーチ・コンテスト」の決勝大会で3位になりました。このコンテストは、大学生・大学院生が消費者データの分析から課題の解決案を提案するもで、本年度の参加人数は200名を超えていたようです。コンテストに参加したゼミ生の皆さんは、今後もこの学びを活かし、データ分析を通じて新たな価値を生み出せるように励んでください!菊間チームは成果につながって良かったですね。

コンテストに関するプレスリリースです。

卒業研究発表会

2024.01.23

ゼミナール

2024/01/20日(土)に4年生の卒業研究発表会を行いました。2年、3年ゼミ生とOB・OGが参加してくれました。参加してくださった皆さんありがとうございました。

4年生は2年半のゼミを通じて学んだことを、最後の発表で全て出してくれたと感じました。また、2年生と3年生も4年生の発表の姿を見て学んだことが沢山あったようです。

社会に出てからのさらなる成長を期待しています。日々学んでいきましょう。

その後で、3年生が追いコンを企画してくれました。楽しかったですね!企画ありがとうございました。

2024/01/19の2年ゼミナール

2024.01.19

ゼミナール

本日の2年ゼミでは、データ分析の結果をプレゼンテーションしてもらいました。

スーパーマーケットのID-POSを利用し、その店舗の優良顧客をデータから定義し、優良顧客の特徴を分析するという内容です。どのチームのメンバーもゼミでの発表は初めてでしたが、原稿は見ずに、しっかり自分の言葉で内容を伝えることができていました。

4チームのうち3チームはデモグラフィック属性を利用した観点からの分析、残りの1チームはRFM分析を行い優良顧客を定義していました。RFM分析は教えたわけではなく、自分たちで考えて取り入れていたことに驚きました。

最後に感想を一人一人話してもらいましたが、2年ゼミの半年間で、タイピングも分析力も成長できたという実感があったようで良かったです。タイピングは、ゼミが始まってから基本的に毎日継続して実施しており、約4ヶ月間取り組んでいます。全員タイピングスコアが大幅にアップしていました。すごい!タイピング記録を添付の感じで残してもらっています。

2024/01/12の3年ゼミナール

2024.01.19

ゼミナール

2024年も始まりましたね。本日の3年ゼミナールでは、卒業生の内山澪佳さんにゲストスピーカーとして来ていただきました。

内山さんは、人事のお仕事をされており、ゼミ生への就職活動のアドバイスと、グループディスカッションの実践をしていただきました。

3年生の多くは、すでにグループディスカッションの経験はあったようですが、具体的なアドバイスと評価の視点についてのお話を聞くことで、評価する側のポイントも意識することができたようです。ただ一番大切なのは、自分の才能とその才能を活かせる企業を見つけて、本来の自分を出しながら採用してもらうことですね!経験と学びを深めていきましょう。

ページ上部へ戻る