Nakahara Laboratory 中原研究室

Data Mining for Business Applications | 中原研究室の研究内容と各種活動内容の紹介

コーヒーの香り測定

2019.09.11

研究内容

感性データマイニングの研究テーマとして、コーヒーを扱った研究をしています。これまでにもコーヒーの成分と美味しさの関係などを分析してきましたが、今回はコーヒーの香りを測定するための実験をしました。

香りの測定は共同研究をさせていただいている企業の方が開発された装置を利用し、その開発者の方に来ていただき、5種類のコーヒーを測定しました。また、研究協力者のコーヒーマイスターである八木氏に伺ったところ、コーヒーの香り(アロマ)は、

1.焙煎度合
2.精製方法含む豆の個性
3.抽出

という大きく3つによって異なるとのことでした。

今回はその中でも焙煎度合いに着目し、浅煎り、中煎り、深煎りのコーヒーを用意し香りデータを収集しました。

それぞれのコーヒーの違いは測定データを分析するまでわかりませんが、コーヒーを香りで本当に判別できるのかとても楽しみです!

実験のコーヒーサンプル

 

 

 

 

ホームページをリニューアルしました

2019.09.03

研究内容

2018年度に1年間在外研究のためアメリカのメリーランド大学に在籍していました。その関係もあり今年度の後期から新たにゼミナールが始まるため、この機会にホームページをリニューアルしました。FacebookとTwitterとの連携を行い、今後はゼミ生がSNSを使った情報発信をしていく予定です。

ページ上部へ戻る