データマイニング

2010年代になり「ビッグデータ」と呼ばれるキーワードが頻繁に取りざたされていますが、データマイニングの分野では、ビッグデータと呼ばれるずっと以前から大規模データを対象にした知識発見に関する研究が行われています。そしてその応用範囲は広く、金融、小売、製薬、医療など広い分野で適用されて来ましたが、近年では、インターネットのアクセスログやTwitterなどのSNS、センサーデータなど、至る所でデータマイニング技術が用いられています。

データマイニングとは、蓄積された膨大な量のデータから、意味のあるパターンやルールを発見することです。しかし、コンピュータが意味のあるパターンやルールを自動的に見つけてくれるわけではなく、分析者がデータから何を見出したいのかを考える必要があります。そして、多種他用な分析方法から目的と合致した適切な方法を用いることで、初めて意味のある情報を発見することが可能になります。本サイトは主にゼミ生を想定した初学者のためのサイトとして、分析課題を解決するためにデータから分析をデザインする方法と、オープンソースツールを利用した実践を学びます。

戻る